ひきこもり支援×島おこし ミライの可能性

2019年10月16日(水) 19:00〜20:00
SDG's ひきこもり支援 地域貢献 島おこし
イベント詳細

社会への貢献度、影響度、独自性、継続性、将来性が顕著であり、社会に持続的なインパクトを与えることのできる可能性を秘めた傑出した若者を選考する「JCI JAPAN TOYP」にて2019年度、地域社会の問題解決に向けた取り組みが評価され、会頭特別賞を受賞した笠間氏に、活動に至るまでの経緯、現在の地域が抱える問題と取り組みを話していただきます。

【講師プロフィール】

笠間 淳 / NPO法人若者自立支援塾 ONESTEP 代表

岐阜大学卒業後、某予備校講師として教鞭を振るう。その中で1人の不登校の女の子と出会い、彼女の才能に触れることで、不登校やひきこもりは天才であることに気づき、彼らを世に送り出して活躍できる社会をつくるため独立を決意。
独立と同時に佐久島に移住しCafe&BAR じょえるを立ち上げると共にONESTEPを設立する。

「NPO法人若者自立支援塾ONESTEP 」
限界集落で、ニートひきこもりや不登校の若者たちの力を借りて、地域おこしの一助をする。地域には若者の力が、若者には様々な体験を通して成長が、それぞれに恩恵を受けながら、2つの社会問題の解決を同時に図る活動を佐久島で行う団体。